• 総合トップ
  • お知らせ
  • 「映画館でVR!」の設備を「新宿バルト9」 に常設。「N高等学校 バーチャル入学式」を皮切りにイベントでの活用も促進

「映画館でVR!」の設備を「新宿バルト9」 に常設。「N高等学校 バーチャル入学式」を皮切りにイベントでの活用も促進


VAIO株式会社
東映株式会社
株式会社クラフター

「映画館でVR!」の設備を「新宿バルト9」 に常設
~「N高等学校 バーチャル入学式」を皮切りにイベントでの活用も促進~

VAIO株式会社(代表取締役:吉田秀俊、以下VAIO)、東映株式会社(代表取締役社長:多田憲之、以下東映)、株式会社クラフター(代表取締役社長:古田彰一、以下クラフター)は、VR映画に関する共同事業「VRCC(VR Cinema Consortium)」において、多人数同時鑑賞が可能な本格的VR設備を「新宿バルト9」に2019年4月より常設することを決定しましたのでお知らせいたします。
また、常設後初めての活用として、2019年4月4日(木)に学校法人角川ドワンゴ学園による「平成31年度N高等学校バーチャル入学式」が同施設で開催されます。

VRCCは映画以外でも、映画館で本格的VR設備をご活用いただく、同様なイベントの開催の促進など、今後も新しい楽しみ方を提案するべく、様々な取り組みを続けてまいります。

【 「平成31年度N高等学校バーチャル入学式」について 】

イベント名:平成31年度N高等学校バーチャル入学式
主   催:学校法人角川ドワンゴ学園
日   時:2019年4月4日(木) 14:00~15:00(13:30開場)
場   所:新宿バルト9 シアター7(東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル11階)
司   会:みみたろう(教育系バーチャルYouTuber)
登壇者(VR上でのご出演者):
・山中 伸一氏(学校法人角川ドワンゴ学園 理事長)
・奥平 博一氏(学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校 校長)、他 関係者

※仮想空間の中、新入生は3Dキャラクターとなって参加し、バーチャル奥平校長が式辞を述べます。
※式の様子はニコニコ生放送でも「ネット入学式」として生配信を行い、全国の新入生はオンライン視聴やニコニコ動画特有の流れるコメントを通して参加します。
<ニコニコ生放送URL https://live2.nicovideo.jp/watch/lv318884780 >

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆

<本校:沖縄県うるま市、校長:奥平博一/N高公式サイト:https://nnn.ed.jp/
2016年4月に開校した“ネットの高校”で、現在の生徒数は7,875名(2019年2月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」という理念のもと、今のネット社会に対応した新しい教育を実践します。授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受けられます。また、高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、ライトノベル、ゲーム、ファッション、美容など多種多様なネットでの課外授業や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコースと通学コースが選択できます。

【 これまでのVRCC事業の取り組み 】

2017年12月 共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」の発足を発表
2018年07月 日本初のVR映画興行の先行体験上映を実施
2019年04月 VR設備を「新宿バルト9」に常設(予定)

【 「映画館でVR!」 事業の特長 】

それぞれの強みを持つ3社が協業することにより、日本初の映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能なVR映画興行が可能となりました。

●特長1:多人数同時鑑賞

ハードウエア性能とコンテンツ品質のバランスを調整し、相互技術連携で無線ネットワークを使用した多人数同時鑑賞が実現しました。映画館の本格的な5.1chスピーカーからの圧倒的な臨場感ある音響環境に加えて、他者の歓声や悲鳴がVR映像への没入感をさらに高めます。

●特長2:低コストで導入可能

既存劇場に無線アンテナとサーバーを設置するだけで完了するため、大がかりな工事が不要です。スタンドアローンVRヘッドセットを含む全システムをVRCCが提供します。

●特長3:運用しやすいシステム

上映前のガイダンスを見ながらスタンドアローンVRヘッドセットを簡単に装着できます。劇場側での介助やお客様自身の操作を限りなくゼロに近づけるよう、ハードウエアをカスタマイズしています。

【 VRCC事業における3社の役割 】

VAIO

ハードウエア調達・最適化およびソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発し、ワイヤレスで多人数が快適に同時視聴できるVR環境を構築する。加えてソリューション全体の販売、保守、ソフトウェアのライセンスを行う。

東映

快適な空間と音響を有するシネコンにコンテンツを配給することで、VRの常識を覆すハイグレードな体験を提供する。加えて、VRコンテンツ調達、および自主製作の幹事も担う。

クラフター

定評のある3DCGアニメーション制作力でVR映画に最適化したコンテンツを制作する。
加えて、VRコンテンツ調達、および自主製作の幹事も担う。

【 「映画館でVR!」 事業の目的 ~VR映画のエコシステムを目指して~ 】

ハードウエア技術、劇場興行、コンテンツ制作に精通した3社で立ち上げたVRCCは、3社に閉じることなく、コンテンツ制作者、コンテンツホルダー、劇場、映画館以外でも多人数でのVR同時鑑賞を検討される方などを広く募っております。VRコンテンツ制作を望むクリエイターや映像プロダクションは多く、また、劇場側へ低コストで導入可能な仕組みを構築しており、VR映画を消費者に届けるプラットフォームとして機能することを目指しています。
コンテンツ制作、劇場興行に関する問い合わせ:info@vr-eiga.com

【 「映画館でVR!」コミュニケーション 】

公式サイトやSNSでVR映画の楽しみ方や新着情報をお知らせします。
・ 公式サイト  http://www.vr-eiga.com/
・ Facebook  https://www.facebook.com/vreiga/
・ Twitter      https://twitter.com/vrcc_vr

一覧へ