• 総合トップ
  • お知らせ
  • どこでも安全・快適なリモートアクセスを実現する「ソコワク」の提供を開始

どこでも安全・快適なリモートアクセスを実現する「ソコワク」の提供を開始


どこでも安全・快適なリモートアクセスを実現する「ソコワク」の提供を開始
従来型のリモートアクセスサービスの課題を解決し、新しい働き方に対応

VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、優れたコストパフォーマンスで、どこにいても安全・快適なネットワーク利用が実現するリモートアクセスサービスとして、「あなたがいれば、“そこ”は“ワーク”プレイス」をコンセプトに「ソコワク™」の提供を2020年11月27日(金)より開始しました。

オフィスにしばられない柔軟な働き方が急速に普及する一方で、VPN接続をはじめ、オフィス外で働くことをレアケースとして設計された従来型のリモートアクセスサービスにおいてはさまざまな課題が顕在化しています。たとえば脆弱なセキュリティー対策で情報漏洩をはじめとするトラブルが後を絶たないこと、利用者急増でネットワーク負荷が急速に高まり、「重くて仕事にならない」ような接続遅延が多発していることなどが挙げられます。また、従来型のサービスで対策しようとすると、通信料や設備投資などに多額の費用がかかり、企業のIT管理者を悩ませています。

ソコワクは、独自の強固な個体認証技術(「LTE over IP」技術*1)に基づく各種ソリューションを通じて、こうした従来型のリモートアクセスサービスにおける課題をすべて解決します。VAIO® PCはもちろん、すべてのWindows 10 搭載PC*2でご利用いただけます。

*1 Wi-Fi をはじめとする IP ネットワーク上で、世界中の携帯電話等で使用されている LTE の認証方式および SIM の端末認証をはじめとした各種機能を利用可能とする技術で、LTE-X 社が世界で初めて実用化に成功。PC向けには国内で初めてVAIOで導入されています。

*2 Windows 10 version 1809以降(64bit OSのみ)。32bit OS および、Sモードは非対応です。

<サービス概要>

サービス名:ソコワク
提供開始日:2020年11月27日(金)
サービス内容:
強固なPC個体認証、仮想閉域通信(Virtual Closed Network™)*1、都度操作不要の自動接続などの独自の技術とソリューションにより、どこにいても安全・快適なネットワーク利用が可能なリモートアクセスサービス
価格:端末1台当たりの月額利用料 700円+税~ *2
URL:https://sokowaku.com/

*1 Virtual Closed Network: LTE over IP技術を利用した安全な通信経路。
*2 価格は契約台数等によって変動します。詳細はお問い合わせください。

<サービスの特長>

①「安全」なリモートアクセス:どこにいても最高レベルのセキュリティ

■従来型リモートアクセスサービスの「安全」に対する課題
・ワンタイムパスワード認証で利用するハードウェアトークンやSIMカードの紛失・盗難のリスク。
・VPN接続をしないで自宅や公共の場所でインターネットを使用した際にマルウェア感染や通信内容の漏洩などを引き起こす可能性がある。

■ソコワクが解決!
ソコワクは仮想閉域ネットワークで通信内容が保護される上、強固な個体認証技術により、シャドーIT(企業で管理されないプライベートで利用するデバイスなどで業務を行うこと)の防止ができ、万が一PC本体からSIMカードだけ盗難された場合でも、SIMカードだけではネットワークに接続することはできません。管理ポータルを利用することで、緊急時の回線停止も迅速に行えます。

②「快適」なリモートアクセス:利用者による操作不要の自動接続

■従来型リモートアクセスサービスの「快適」に対する課題
・難しいワンタイムパスワードの入力やハードウェアトークンの持ち歩きが必須である場合が多く、利用者の手間がかかる。
・オフィスワークを前提としたVPNサービスを利用している企業の場合、同時に多くの利用者がリモートアクセスした場合に、接続遅延が発生して仕事が進まないなど、生産性低下につながるおそれがある。

■ソコワクが解決!
ソコワクは、PCを起動するだけで自動的にセキュアネットワークを確立するので、利用者による操作が不要です。利用者のリテラシーを問わず快適につながるので、接続方法などを説明するマニュアルの用意も不要、パスワードの更新やその連絡、もしくはトークンの管理や紛失などの対応も必要なく、管理者側にも負担がかかりません。

③「コスパ」に優れたリモートアクセス: クラウド型・低コスト回線自動選択

■従来型リモートアクセスサービスの「コスト」に対する課題
・高額な専用製品の購入が必要なサービスの場合、初期コストや保守運用コストがかさみ、また、リモートワークする社員が急増した場合、高額な機器の追加購入が必須となる。
・閉域モバイル網接続の場合、通信費が高額で、終日リモートワークでオンライン会議などにつなぎ続けるとすぐに通信量上限を超えてしまう。

■ソコワクが解決!
ソコワクは、専用の機器を必要としないクラウド型のサービスで、初期コストは最小限に抑えられ、その後の保守・運用に追加の費用もかからず、リモートアクセスを実現するためのトータルコスト(TCO)を削減できます。
また、回線種別を問わず、有線LAN・無線LAN・携帯ネットワーク、あらゆるネットワークを安全に利用できます。低コスト回線を自動選択することで、携帯ネットワークの通信量に頭を悩ますこともありません。

<サービス概要図>

<VAIO Secure SIMからの進化点>

VAIOは2019年7月より“LTE対応”の“VAIO PC”向けにリモートアクセスサービス「VAIO Secure SIM®」を提供していましたが、ソコワクは、すべてのWindows 10 搭載PCでご利用いただけるように、このVAIO Secure SIMを拡張したものです。具体的には下記がVAIO Secure SIMからの主な進化点です。

①マルチベンダー対応
VAIO PCはもちろん、サポート対象モデルに該当するWindows 10 搭載PCすべてでご利用いただけます。

②サポート対象モデル
Windows 10 version 1809以降(64bit OSのみ)*
*これまでは、無線WAN搭載モデルを対象に、VAIO Secure SIM(タイプS)として、データ通信SIM 月間1GB/5GB/10GBの3つのプランを提供。

③プラン拡充(無線WAN非搭載モデル対応)
無線WAN非搭載モデル向けプラン、データ通信SIM 月間 30GB/50GB のプラン*を新たに追加しました。
*これまでは、無線WAN搭載モデルを対象に、VAIO Secure SIM(タイプS)として、データ通信SIM 月間1GB/5GB/10GBの3つのプランを提供

④サービス拡充(管理ポータル提供)
端末の個体情報(PCメーカー名や、モデル名、シリアル番号)に加え、その端末で利用されているデータ通信SIMが持つ電話番号などを一元的に管理することで、各端末の通信契約と個体情報を関連付けして情報管理できる管理ポータルを提供します。IT管理者による資産の移動、修理や故障時の回線管理、新規PC導入や修理後の再セットアップなどが容易に行えるようになります。

<販売・価格などに関するお問い合わせ先>

VAIO株式会社 ソコワク担当
sales@sokowaku.com

一覧へ