• 総合トップ
  • お知らせ
  • フラッグシップモバイルPC「VAIO Z」の法人向けモデルとして 圧倒的に高いモビリティと機能・性能でビジネスを加速する「VAIO Pro Z」を発表

フラッグシップモバイルPC「VAIO Z」の法人向けモデルとして 圧倒的に高いモビリティと機能・性能でビジネスを加速する「VAIO Pro Z」を発表


フラッグシップモバイルPC「VAIO Z」の法人向けモデルとして
圧倒的に高いモビリティと機能・性能でビジネスを加速する「VAIO Pro Z」を発表

VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、立体成型フルカーボンボディの量産化に世界で初めて*成功したモバイルPCのグローバルフラッグシップモデル「VAIO® Z」の法人向けモデルとして「VAIO® Pro Z」を発表いたします。


チーム・ジャパンのものづくり力を結集し、不可能と思われた性能と軽さの両立を実現

VAIO Pro Zは、1kgを切る軽量ボディでありながら、ワークステーションのエントリーラインに匹敵するほどの並外れたスピード、スタミナ、強靭さを備えています。この不可能と思われた性能と軽さの両立に成功した背景には、カーボンファイバーを立体成型してPCのボディ全面で使用するという世界初*の挑戦があります。これは、長野県安曇野市の本社工場に設計から製造、サポートまでの全部門を集約するVAIOの長年のものづくりに関するノウハウと“チーム・ジャパン”ともいえる国内の協力企業各社の技術の結集なくして成し得なかったことです。

先の見えない時代に、厳しい挑戦を続けるビジネスパーソンを強力にサポート

昨今、ビジネスパーソンは、先の見えない厳しい社会環境において、テレワークをはじめとする場所にしばられない柔軟な働き方へ急速にシフトしながらも、高い成果を出し続けることが求められています。VAIO Pro Zはそんなビジネスの最前線で活躍される経営者やエンジニア・クリエイターといった方々のパートナーとなり、唯一無二の挑戦を強力にサポートしていくことを通じて、ビジネスを加速していくことを目指しています。

* ノートPC筐体を構成する全ての面で、立体成型を行ったカーボン連続繊維素材を使用することにおいて。2021年1月6日時点 ステラアソシエ調べ。

<製品の特長>

■世界初*1、立体成型フルカーボンボディ

優れた素材物性を持つカーボンファイバーにおいて、その特性を最大限に生かすにはレーシングカーのサバイバルセルのように、立体成型してボディ全面を覆うことが理想です。これを実現したのが「立体成型フルカーボンボディ」です。このボディのメリットは剛性と軽量の両立にありますが、そのアドバンテージをさまざまなバリューにつなげることで、従来の性能バランスを打ち破る、並外れたスピード、スタミナ、強靭さを持ちながら、1kgを切る軽量(最軽量約958g*2)のモバイルPC「VAIO Pro Z」が誕生しました。

*1 ノートPC筐体を構成する全ての面で、立体成型を行ったカーボン連続繊維素材を使用することにおいて。
2021年1月6日時点 ステラアソシエ調べ。
*2 最軽量構成時

■並外れたスピード

軽量モバイルで唯一*の高速プロセッサー搭載

フルカーボンボディのアドバンテージを活かしながら、大容量の放熱システムを実装することで、1kgを切るモバイルノートPCの中で唯一*、デスクトップ級の高性能プロセッサーを搭載。第11世代インテル® Core™ プロセッサー H35シリーズが生産性を飛躍的に加速させます。

* インテル® Hシリーズプロセッサー採用ノートPCで世界最軽量。最軽量構成時、本体質量 約958g。2021年1月6日時点 ステラアソシエ調べ。

ワークステーションのエントリーラインに匹敵する性能とモビリティを両立しており、外出先でも、CAD図面や映像をその場で仮編集し、修正の方向性を確認・合意することができます。

超高速ストレージ

データを保存するストレージには、PCIe Gen.4接続の「第四世代 ハイスピードSSD」を採用。6GB/s越え*の高速ストレージ搭載は、ファイルコピーやアプリケーション起動など、日常的な作業をより快適にします。

*CrystalDiskMark7.0.0によるシーケンシャルリードのベンチマークスコア。メモリー容量は全て256GB
VAIO調べ。試作機における測定結果です。ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合があります。

次世代モバイルインターネット「5G」

第5世代移動通信システム「5G」はこれまでの「4G LTE」と比べて、圧倒的に“高速・大容量”で“低遅延”。ストレスなくインターネットを利用できます。

■並外れたスタミナ

VAIO史上最長、連続約34時間駆動*1
高容量で薄型軽量な新開発・専用設計バッテリーによって、最大約34時間*1という
スタミナ駆動を実現し、VAIO史上最長の最大18時間*2の連続動画再生を実現しています。

*1 JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なり、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。VAIO調べ。
*2 JEITA測定法2.0同等条件で動画サイズ1920×1080 ピクセル、映像ビットレート10Mbps、フレームレート29.97fpsの動画を全画面で再生した場合の連続駆動時間。VAIO調べ。

■並外れた強靭さ

あらゆる利用シーンを想定した品質試験
アメリカ国防総省制定MIL規格*(MIL-STD-810H)に準拠した品質試験もクリアし、そのタフさを証明しています。

最高127cmの落下試験
天面・裏面の計2面の落下試験について、アメリカ国防総省制定MIL規格*(MIL-STD-810H Logistic Transit Drop Test)を超える、落下高さ127cmの衝撃から本体を守る堅牢ボディを実現しました。

* MIL規格(MIL-STD-810H)に基づいて、一部当社が設定した試験条件に従い試験し、基本機能に動作欠損無き事を確認しています。信頼性データの収集のため実施しているものであり、落下、衝撃、振動または使用環境の変化などによる無破損、無故障を保証するものではありません。

<群を抜くユーザビリティの一例>

■新設計キーボード・タッチパッド

耳障りなノイズの低減、心地よい打鍵感、手首にかかる負担をなくす傾斜。ユーザーがより快適にタイピングできるキーボードを新設計しました。
キーピッチはフルピッチ(約19mm)を確保。キーストロークも約1.2mmから約1.5mmに深くし*、心地よい打鍵感を実現しました。カチャカチャと耳障りな中高域ノイズも抑えています。
タッチパッドも面積を従来モデル*と比べて約190%に大型化しています。
* VAIO Pro PKとの比較。

■4K HDR対応した14.0型大型ディスプレイ

標準的なモバイルPCより大型の14.0型ワイド液晶を搭載。同時に立体成型カーボンによる強靭な天板を活かし、狭額縁でコンパクトかつ軽量なボディを実現しています。4K解像度(3840×2160ドット)ディスプレイを選択可能。映画フィルムの色域を再現するデジタルシネマ規格と、肉眼で見る光景と同等の陰影を再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)*」に対応しました。鮮明で美しくリアルな画面表示が可能です。

* HDR対応コンテンツのみ。本液晶パネルのバックライトは、HDR機能が有効な状態の時、低消費電力とコントラストの向上を図るため、画面の基調色に応じて自動で画面全体の輝度を調整します。

■テレワークを円滑にする高性能カメラ・マイク・スピーカー

約207万画素の高性能フロントカメラでユーザーの顔を高精細・高画質に撮影。内部を伝う音の遮断率を高めた新設計マイクで録音品質も向上させています。また、本体前面に大口径ステレオスピーカーを配置。VAIOが独自に最適化を施したDolby Audio™によって、Web会議の音声を聞き取りやすくしました。

■片手で開閉可能&180度開くディスプレイ

パームレストに手を添えることなく、片手でディスプレイを開閉できます。ディスプレイは最大180度まで開けるフルオープン構造。専用のショートカット(Fn+2)で表示を回転させられます(タッチパッドの操作も画面に合わせて反転します)。

■強固なセキュリティーを簡単に実現するVAIO User Sensing™

新搭載された人感センサーに、従来モデルから搭載する指紋・顔の2つの生体認証を組み合わせることで、ユーザーを煩わせることなく強固なセキュリティーを実現します。

・着席オートログオン:PCの前に座るだけで、復帰・ログオンし使用可能な状態へ。
・離席オートロック:PCの前から離れると、PCを自動でロック状態に。
・在席ノーロック:PCの前に居るときは、一定時間操作がなくても、スリープやスクリーンセーバーへの移行をストップ。
・ワンアクションログオン:電源ボタン一体型指紋センサーを搭載。電源ボタンを押すと同時に指紋認証が行われ、パスワードを入力することなくログオンできます。

<使い勝手の広がるアクセサリー類(周辺機器)の販売>

下記の周辺機器・アクセサリーを単体でも発売します。
尚、VAIO Z購入時にもACアダプターは必須で付属、その他は選択して同時購入が可能です。

■業界最小クラス、USB PowerDelivery対応ACアダプター

VAIO Zの求めるハイパワーの供給と小型軽量化(重量・体積とも約30%減*)を両立させたUSB PowerDelivery対応ACアダプターを新開発しました。
*VAIO Pro PK標準搭載の10.5V 純正ACアダプター『VJ8AC10V9』との比較。
詳細URL: https://vaio.com/products/acc/VJ8PD65W/

■トリプル4Kディスプレイも実現、Type-C 4Kマルチモニタードッキングステーション

Type-C 4Kマルチモニタードッキングステーションを接続することで、最大2台の4Kディスプレイを接続可能。本体の4Kディスプレイと合わせることでトリプル4Kディスプレイ環境を構築できます。

詳細URL:https://vaio.com/products/acc/VJ8PRA3/

■テレワーク時のセキュリティーを強化する、専用のぞき見防止フィルター

ベゼルにはめ込んで装着する専用のぞき見防止フィルターを用意。シールなどで固定する必要がないので、見た目がすっきりし、不要な時はすぐに取り外せます。

詳細URL: https://vaio.com/products/acc/VJ9LFZ14/

<カーボンファイバーリサイクルへの取り組み>

VAIOはカーボンファイバーが次世代のモバイルノートの主要筐体材料になると見込み、そのリサイクル技術に対して取り組みを始めています。炭素繊維素材の再生技術は一部で確立されているものの、その材料特性から付加価値が得られにくく、再生材の活用が進んでいないのが実状です。この炭素繊維を主原料とする材料を付加価値高く再生する為に、その分野において固有技術を持つ株式会社ミライ化成と協業し、技術開発を進めています。

<新製品ページ>

「VAIO Pro Z」:https://vaio.com/business/pz11/

<参考:新しい働き方をサポートするVAIOの法人向けソリューション>

・ソコワク™/ソコワク™ Secure RDP Connect™

https://sokowaku.com/
強固な PC 個体認証、仮想閉域通信(Virtual Closed Network™)*、都度操作不要の自動接続などの独自の技術とソリューションにより、どこにいても安全・快適なテレワーク環境を提供するリモートアクセスサービス。

* Virtual Closed Network: LTE over IP技術を利用した安全な通信経路。

・TRUST DELETE Biz for VAIO® PC

https://www.onebe.co.jp/product/tdbiz/vaio.html
紛失時や盗難時などに遠隔操作でOSを含むHDD/SSDデータの復元困難な消去が可能なソリューション。「万が一のときはデータを削除できる」という安心感が、場所に縛られない働き方を後押しします。

* VAIO Pro ZはSMSを利用した消去/ロック命令受信機能はサポートしておりません。

<参考:ご法人向けイベント出展予定>

VAIOは下記イベントに出展予定です。詳細は各URLをご参照ください。

■New Education Expo 2021*

https://news.vaio.com/210520-edu/

①東京
日程:2021年6月3日(木)~6月5日(土)
会場:東京ファッションタウンビル(TFT)

②大阪
日程:2021年6月11日(金)~6月12日(土)
会場:OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)

* VAIO Pro Zの展示予定はございません。VAIO Proシリーズをご覧いただけます。

■第1回テレワーク・在宅勤務 支援EXPO

https://news.vaio.com/210526-telex/

①大阪
日程:2021年6月23日(水)~6月24日(木)10:00~17:00
会場:インテックス大阪 2号館

②横浜
日程:2021年6月30日(水)~7月1日(木)10:00~17:00
会場:パシフィコ横浜 Bホール

③オンライン
日程:2021年7月12日(月)~7月16日(金)10:00~17:00
会場:ホームページ内特設サイト

一覧へ