法人向けモバイルPC「VAIO Pro PG」の「バッテリー駆動時間強化モデル」を発売


法人向けモバイルPC「VAIO Pro PG」の「バッテリー駆動時間強化モデル」を発売
朝から晩まで持ち歩ける最大連続約22.2時間駆動*1で真のモビリティを実現

VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山野 正樹 以下VAIO)は、ビジネス定番サイズ13.3型の法人向けモバイルPC「VAIO® Pro PG」シリーズにおいて、バッテリー駆動時間を強化した新モデルを発売いたします。

VAIO Pro PGはテレワークに最適なサイズ・機能・性能のトータルバランスに優れたシリーズです。また、長野県安曇野市のVAIO本社工場にて製造するメイド・イン・ジャパンモデルで、一台一台、妥協のない精緻なつくりを実現しています。
この度、前モデルと比較して約1.7倍の最大連続約22.2時間駆動*1へと、大幅にバッテリー性能が強化され、外出時にACアダプターを持ち歩かなくても、いつでもどこでもより安心してご使用いただけるようになりました。

VAIOは、本モデルにとどまらず、テレワークで活躍するモバイルPCのラインアップ及びソリューションの提供を通じ、多様で柔軟な働き方を実践するビジネスパーソンのみなさまへのサポートをより一層、強化してまいります。


13.3型ワイド「VAIO® Pro PG」(写真左からシルバー・ブラック)

<VAIO Pro PG 新モデル概要>

製品名: VAIO Pro PG
型名: VJPG14シリーズ
受注開始日: 2021年7月27日10:00~
価格: オープン価格
製品サイトURL: https://vaio.com/business/pg14

※お客様がプロセッサー、メモリー、ソフトウェアなどの組み合わせを変えることにより仕様を選択できる「法人向けカスタマイズモデル」は下記にて販売しています。
・VAIO Store Business:
https://biz.vaio.com/shop/
・ソニーストア(法人向け):
https://www.sony.jp/vaio-biz/

<主な新モデルの進化点>

・最大連続約22.2時間*1駆動へ(前モデルは最大連続約12.5時間*1駆動)
-1時間の急速充電による駆動時間:最大約13時間*1
-LTE連続駆動時間:最大約5.4時間*2

・新省エネ法*3基準達成

*1 JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。駆動時間は使用状況及び設定等により変動します。
*2 LTE連続接続時、WEB巡回60秒間隔、キー入力10秒間隔、輝度150cd/m2においてのバッテリー容量が100%から5%までの駆動時間。最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。
*3 電子計算機のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(経済産業省告示第69号)

<参考:VAIO Pro PGの主な特長>

1. プロセッサー:インテル® Iris® Plusグラフィックス搭載*の第10世代Coreプロセッサー

サイズの大きい写真・動画の取り扱いに加え、昨今、利用頻度の高まっているWeb会議アプリの動作がスムーズになるよう、インテル Iris Plusグラフィックスを搭載した第10世代インテル® Core™ プロセッサー Uプロセッサーラインを採用しています。最大4コア/8スレッド駆動という卓越したハイパフォーマンスに加え、グラフィック性能に優れています。

* Core™ i7搭載モデルのみ

2. 通信環境:高速でセキュリティー性にも優れたWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応*

音切れや、突然の切断など、Web会議のトラブル回避には、通信環境の安定性が欠かせません。これまで以上に高速で繋がりやすく、さらにセキュリティー性にも優れた最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応しました。Web会議はもちろん、大きなデータのダウンロードやWebブラウジングなどもスムーズに行えます。

* Wi-Fi 6での接続にはWi-Fi 6 に対応したルーターが必要です。

3. インターフェイス: USB Type-C™ 端子搭載

4K/60Hz出力対応のHDMI端子、VGA端子(アナログRGB出力端子)、有線LAN端子に加え、最新規格のマルチインターフェイス端子であるUSB Type-Cも搭載。内蔵液晶含め、最大3画面表示可能*で、在宅ワーク時の拡張性を高めます。
また、Type-C端子を用いて、多様な機器からの充電に対応します。


* すべての端子にモニターを接続した場合、OSのマルチディスプレイ機能により選択されているモニターが有効になります。

4. セキュリティー:顔認証搭載&カメラプライバシーシャッターを標準搭載

オフィス外へのPCの持ち出しが当たり前になると、セキュリティー機能も重視されますが、本シリーズでは、Windows Hello対応の生体認証方式を最大2種類(「顔」「指紋」)から設定可能です。ふだんは顔認証で素早く、マスクをしているときなどは指紋認証でパスワード入力をせずにログインできるので、パスワードを複雑で強固な文字列にしても面倒なく安全・快適に利用できます。
また、フロントカメラはマルウェアによる盗撮を防いだり、誤って作動したりしないようにプライバシーシャッターを搭載しています。

<参考:VAIO® Pro シリーズのモバイル PCラインアップ>

1. モビリティ重視の方向け:VAIO® Pro PJ

・約887g (最軽量構成時)のコンパクトボディ
・フルサイズキーボード搭載
・12.5型フルHDディスプレイ
・ブラック・シルバー・ブラウンの3色展開

その他製品情報:https://vaio.com/business/pj13/

2. 大画面での作業効率重視の方向け:VAIO® Pro PK

・既存の13.3型ディスプレイのPCと同じフットプリント(設置面積)を維持しながら、14.0型ディスプレイを搭載
・「カーボンウォール天板」の採用により約999g (最軽量構成時)
・高精細な4K液晶を選択可能
・ブラック・シルバー・ブラウンの3色展開

その他製品情報:https://vaio.com/business/pk13/

3. 最高のパフォーマンスを求める方向け:VAIO® Pro Z

・量産加工の困難だったカーボンファイバーを立体成型してPCのボディ全面で使用
・1kgを切る軽量ボディ:約958g (最軽量構成時)
・デスクトップ級の高性能プロセッサー搭載
・高精細な4K液晶を選択可能
・最大連続約34時間駆動*の並外れたバッテリー性能

その他製品情報:https://vaio.com/business/pz11/

* JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。駆動時間は使用状況及び設定等により変動します。

<参考:新しい働き方をサポートするVAIOの法人向けソリューション>

・ソコワク™/ソコワク™ Secure RDP Connect™
https://sokowaku.com/
強固な PC 個体認証、仮想閉域通信(Virtual Closed Network™)*、都度操作不要の自動接続などの独自の技術とソリューションにより、どこにいても安全・快適なテレワーク環境を提供するリモートアクセスサービス。
* Virtual Closed Network: LTE over IP技術を利用した安全な通信経路。

・TRUST DELETE Biz for VAIO® PC
https://www.onebe.co.jp/product/tdbiz/vaio.html
紛失時や盗難時などに遠隔操作でOSを含むHDD/SSDデータの復元困難な消去が可能なソリューション。「万が一のときはデータを削除できる」という安心感が、場所に縛られない働き方を後押しします。

・シンクライアント専用端末
https://vaio.com/business/contents/embedded/
特定用途向けの動作環境を長時間・安定して維持することができる「Windows 10 IoT Enterprise」を法人向けVAIO PCでラインアップ。PCの機能を任意に制限する「ロックダウン」機能などによりシンクライアントに最適な環境を提供します。

一覧へ